朝の腰痛は高反発マットレス「モットン」が解決

「朝起きるときに腰が痛い!」

悩まれている方も多いと思います。そういうとき、どうされているでしょうか?

どうにもできず、「起きた後はしばらく動いていると症状は落ち着くからそのままにしている」

こういう方が多数いらっしゃると思います。

 

…これでは、改善するはずもありません。

 

朝の痛みは時間が経つにつれて落ち着くというのは、腰が治っているというわけではないのです。なぜなら、次の日の朝も痛みが出てしまうのですから。

そもそも原因は何なのでしょうか?いろいろあると思いますが、主に

①身体が(筋肉が)十分に休めていない

②今寝ている環境が悪い(布団やベッドなどが自分の身体に合っていない)ため、睡眠時の血流が悪い

の2つが考えられます。

これが解決できずにそのままにしておくと、負担の積み重ねで、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など手術をしないと改善できない症状になりかねないのです。

長時間立てない、座れない、シビレがとれない、頻繁なぎっくり腰、毎晩足がつって激痛の日々etc…

想像したくないですね。

本当につらいですし、骨自体に異常があるためなかなか治療の効果も出にくく厄介です。

そうならないためにも、先に述べた二つの原因を早いうちに解決してあげる必要があるのです。

その二つの原因を同時に解決する方法があります。

 

その方法とは…

 

簡単です。単純に身体に合った寝具、身体の負担を減らしてくれる寝具を選べばいいのです。

 

身体に合った寝具を選ぶとなると、あのトゥルースリーパーで有名な「低反発のマットレス」を思い浮かべたりしませんか?

しかしながら、これは間違いです。

このマットレスも非常に優秀なマットレスに間違いありません。

寝心地のよさはトップレベルです。身体がふわ~っと沈み込んで、包み込まれるような感覚です。寝返りも少なくてすむ感じで一瞬で深い眠りにつくことができます。眠りが浅い、リラックスしたい!という方にはうってつけでしょう。

ただ、低反発マットレスは腰痛持ちにはむいていないのです。

理由はいくつかあります。

 

1、身体が沈み込みすぎる

耐圧が大きい肩まわりやお尻まわりが沈み込みすぎると背骨の弯曲が大きくなり負担の少ない姿勢にはなれないのです。

2、寝返りの減少

先ほど寝返りが少なくてすみ熟睡できると述べましたが、これは腰には非常に良くないことなのです。私たちは寝返りをすることで睡眠中の血流やリンパの流れをスムーズに保つことができるのです。寝返りを打てなくなると、寝具と接している腰の面の血流が滞ってしまい筋肉を硬くしてしまいます。

3、温度によって固さが変わる

私の経験上、温かいときはふにゃふにゃ、寒いときは固い印象があります。これでは腰を支える安定性が一年を通して保つことができません。

 

では、腰痛持ちが選ぶべき寝具は何なのか?

 

実は、イメージとは逆に「高反発」のマットレスを選ぶべきなのです。

中でもトップクラスの性能を誇るのが、腰痛対策マットレス「モットン」というマットレスです。

あまり馴染みのない方も多いかと思いますが、特徴としては、

 

1、体圧を分散してくれると同時に、しっかりと身体を支えてくれる

体圧が大きい肩まわりやお尻まわりが沈み込みすぎるということは全くなく、まんべんなく身体を支えてくれ、筋肉を休めるための理想の姿勢を常に保つことができます。包み込まれるという感覚はないものの、非常に楽ですぐに寝付くことができます。

2、寝返りのしやすさ

寝返りが腰にはすごく重要ということを述べましたが、非常に寝返りが打ちやすく、無駄がなく効率のいい寝返りができ、本来すべき適正の回数の寝返りをうつことができます。これにより睡眠時も十分な血流を保つことができます

3、通気性の良さ

すごく通気性がよく、常にさらさらで気持ちよく寝ることができます。汗やカビの心配もありません。

 

このような点から、「モットン」は最初に述べた①②の二つの問題を一気に解決することができるのです。

 

まとめると、朝の腰痛を改善させるには、

・体圧は分散でき、身体が沈み込みすぎないようにすること

・寝返りを適当な回数しっかり打つこと

・そのために低反発ではなく、しっかり身体を支えてくれる高反発マットレスを選ぶこと

これをすべて解決してくれるのが「モットン」なんです!

一度試してみてはいかがでしょうか?朝の腰痛とさよならしましょう。

公式販売サイトはこちら




 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

朝の腰痛は高反発マットレス「モットン」が解決 への1件のフィードバック

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です